あんみつ、みつ豆、くずもちの元祖くず餅船橋屋公式通販ショップ
元祖くず餅 船橋屋オンラインショップ

 お店トップ | くず餅船橋屋の歴史 | 船橋屋定番商品 | お買い物手順 | マイページへログイン | 買い物かご | 店舗一覧

即日
 ※即日出荷ご希望の方は【備考欄】にご希望お届け日の記載をお願い致します。
備考欄への記載がないと即日出荷になりません。注文確定メールでのご確認をお願い致します。天候状況によっては即日出荷が出来ない場合もございます。


     

会社概要

■ 当主挨拶

 東京の下町情緒が色濃く残る江東区亀戸三丁目、亀戸天神のすぐ側に「船橋屋」があります。江戸は文化二年(1805年)、十一代将軍徳川家斉の頃、船橋屋は創業いたしました。初代勘助の出身地は下総国(千葉県北部)の船橋。当時ここは良質の小麦の産地でありました。
勘助は、亀戸の天神様が梅や藤の季節に、参拝客でにぎわうのを見て上京し、湯で練った小麦澱粉をせいろうで蒸し、黒蜜ときな粉をかけた餅を作り上げました。それがまたたく間に、参拝客の垂涎の的となり、いつしか「くず餅」と名づけられ、江戸名物の一つに数えられる程の評判をとりました。
そして、明治初頭に出たかわら版「大江戸風流くらべ」において、江戸甘いもの屋番付に「亀戸くず餅・船橋屋」が横綱としてランクされ、船橋屋の名声を不動のものとしました。
 創業当時の面影を今も残す本店には、芥川龍之介、吉川英治、永井荷風ら文化人の方々もしばしば足を運ばれ、くず餅の素朴な味を堪能されていました。
 船橋屋のくず餅は製造に約1年、しかし賞味期限はなんと2日間。ぜひ一度、このこだわりをご賞味ください。

代表取締役 八代目 当主 渡辺 雅司

■ 会社概要

事業内容:くず餅・あんみつ等の製造販売・和スイーツなど創作カフェの経営
設立:1952年10月(創業/文化2年)
資本金:2000万円
従業員数:180名
代表者:代表取締役 渡辺 雅司
事業所:亀戸天神前本店
(直営店)
亀戸駅前店 / こよみ広尾店 / 柴又帝釈天参道店 / 本土寺参道店 /阿佐ヶ谷駅前店 / 巣鴨地蔵通り店

(百貨店)
日本橋 三越 / 日本橋 高島屋 / 東京 大丸 / 新宿 小田急 / 池袋 西武 / 池袋 東武 / 浅草 松屋 /
エキュート立川 / 船橋 東武 / 市川 シャポー / 小岩 ポポ /
エキュート日暮里 / エキュート東京


■ 会社沿革

■文化2年(1805年)   初代勘助 亀戸天神参道に創業
出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」とする。以降五代目まで個人経営

■昭和27年10月   有限会社 船橋屋設立

■昭和28年04月   亀戸天神前本店完成(戦後復興)

■昭和36年05月   亀戸駅前店開店

■昭和42年07月   本社別館ビル完成(経理・人事・総務)

■昭和43年06月   株式会社へ改組

■昭和53年04月   本社工場ビル完成

■昭和54年05月   岐阜県羽島市に澱粉発酵精製所完成

■昭和62年08月   販売部門を分離 船橋屋販売株式会社設立

■平成5年03月   本社新館ビル完成

■平成7年10月   柴又帝釈天参道店開店

■平成8年06月   松戸本土寺店開店

■平成8年12月   亀戸駅前店新装開店

■平成9年11月   亀戸サンストリート店開店

■平成10年12月   亀戸天神前本店大規模改修工事完了

■平成13年12月   阿佐ヶ谷店開店

■平成15年01月   ISO 9001:2000認証取得

■平成17年02月   こよみ広尾店 開店

■平成18年11月   こよみ横浜店 開店

■平成19年10月   エキュート立川店 開店

■平成20年12月   巣鴨地蔵通り店 開店

■平成21年06月   エキュート日暮里店 開店

■平成22年03月   エキュート東京店 開店