くずもち、あんみつの元祖くず餅船橋屋公式通販ショップ

2018年8月「JR東日本おみやげグランプリ」で船橋屋のくず餅が【総合グランプリ】を受賞しました詳細はこちら 2018年11月1日カンブリア宮殿にて船橋屋が取り上げられました詳細はこちら 2019年3月31日21時より商品の価格改定をさせて頂きます。詳細はこちら

船橋屋6つのこだわり

くず餅(※乳酸発酵の小麦澱粉)
くず餅の品質を支える重要な要素は、お餅の適度なやわらかさとしなやかな歯ざわりです。それを引き出すうえで欠かせないのが、乳酸菌です。
船橋屋では、厳選した小麦粉の澱粉質を地下天然水を使用して15ヵ月もの間乳酸発酵し、じっくりと熟成します。そうして出来上がった最高品質の小麦澱粉は澄んだ乳白色でヨーグルトのような香りがします。
きな粉(大豆)
厳選された大豆を、その日に使う分量だけ強めに焙煎し、粗めに挽きます。
大豆は栄養の宝庫といわれ、繊維・タンパク質・ビタミン類を多く含む上、最近は特に※3つの成分が注目されています。
大豆に含まれる3つの成分
《サポニン》体内にできるサビである過酸化脂質の発生を防ぎ、活性酸素を消す働きがあります。
《レシチン》体脂肪を燃やしコレステロールを低下させる働きや、脳の神経伝達をするアセチルコリンをつくる働きがあります。
《イソフラボン》更年期障害の緩和や骨粗そう症の予防機能を持っている事が医学的研究で報告されています。
黒糖蜜(黒糖)
沖縄産の黒糖をベースに数種類の砂糖を独自にブレンドした船橋屋秘伝の味です。
黒糖はサトウキビのしぼり汁を煮詰めたもので、カルシウムやカリウムなどのミネラルや、幾つものビタミンを豊富に含んでいます。
ページトップに戻る▲
写真 小麦澱粉の発酵貯蔵過程で使用する水は、四季折々の自然環境に恵まれ、育まれた名水木曽川水系の地下天然水です。
幾千年の歳月が生み出した、このミネラル豊富な天然水が、くず餅に独特のうま味と弾力を与えます。
写真 小麦澱粉の発酵槽は、樹齢百年以上の杉の大木を使用した深さ・直径とも約2mの大樽です。
プラスチックや金属類の槽に比べ天然木を使用することにより、その呼吸作用等から乳酸菌の働きがより活発になり、最良の小麦澱粉を作り上げます。
厚生労働省が認めている食品添加物には、アレルギーの原因とされる防腐剤やPH調整剤など約350品目あり、多くの食品に使用されています。
船橋屋のくず餅はそれらの添加物を一切使用していない自然のままの体にやさしい健康食品ですので、お子様からお年寄りまで安心してお召し上がりいただけます。
船橋屋のくず餅の製造工程は15ヵ月ですが、消費期限はわずか2日間です。
風味をそこなう真空パックや脱酸素剤は決して使用せず、なおかつ出来たてのみのくず餅を迅速に皆様の元へお届けできるよう、温度・湿度などの商品管理には細心の注意を払っております。
お客様にくず餅を美味しく、そして安心してお召し上がり頂けますよう、江戸より受け継がれる伝統製法と最先端の品質管理を駆使して製造しております。
なお、船橋屋では業界に先駆け、品質マネジメントシステムの国際規格、ISO9001:2000を、「和生菓子『くず餅』の設計及び製造」に関して取得しております。
ページトップに戻る▲
写真
国内最高級とされる伊豆七島産の天草を使用。本物の寒天だけがもつ磯の香りをお楽しみください。
寒天は食物繊維を多く含むノンカロリーの健康食品です。
写真

共に選りすぐりの素材を使用。こだわりの製法でじっくり煮あげました。
小豆に含まれるサポニンには、体内にできるサビである過酸化脂質の発生を防ぐ効用があります。
写真

沖縄産の黒糖をベースに数種類の砂糖を独自にブレンドした船橋屋秘伝の味です。
黒糖はサトウキビのしぼり汁を煮詰めたもので、カルシウムやカリウムなどのミネラルや、幾つものビタミンを豊富に含んでいます。
ページトップに戻る▲

くず餅の製造工程

くず餅の製造工程
写真
▼
  小麦澱粉の発酵貯蔵過程で使用する水は、四季折々の自然環境に恵まれ、育まれた名水木曽川水系の地下天然水です。
幾千年の歳月が生み出した、このミネラル豊富な天然水が、くず餅に独特のうま味と弾力を与えます。
写真   貯蔵槽は、樹齢百年以上の杉の大木。
ブレンド材料を約1年間、ここでじっくりと乳酸菌発酵させます。四季折々の自然環境に恵まれ、育まれた天然水は岐阜ならではのもの。
この自然の息吹が、くず餠には注ぎこまれているのです。
ページトップに戻る▲
写真
▼
  岐阜工場から届いたブレンド材料は、職人の厳しい目でチェックされた後、型に移されます。
限られた時間内に確かな製品をつくるためには、一定のテンポを保つチームワークが不可欠です。
写真
▼
  蒸し上がったくず餅は、まず弾力性や色合いなど、チェックされます。
コンベアー上を湯気を立てたま運ばれ、一口大にカッティング。
手際の良い職人達は、常に製品の丹念な確認作業を怠りません。
写真
▼
  こうして出来上がったくず餠は、箱詰め作業へと進みます。
ここでは特に働く人々の息の合ったコンビネーションが要求されます。
黒蜜ときな粉が添えられるなど、各人の分担作業が完璧に行われます。
写真
  箱詰めされたくず餠は丁寧に包装され、各店舗へと出荷されます。
工場内は明るく働き易く、いつも清潔に保たれるよう創意工夫されています。
伝統を守り続ける船橋屋の製品は、こうしてお客様のもとへ届けられます。
ページトップに戻る▲

ページトップへ